読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

Awesome City Clubがメジャーデビューした方法が凄い

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-参考になるアーティスト集

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

やっぱり時代なんですかねぇ。

 

ライブやるより効率いいんですよ。

 

知ってますか?「Awesome City Club」

結成2年、2015年の春にメジャーデビューしました。

 

彼らのインディーズ(自主制作)時代の活動方針はバンドマンなら注目してください。

 

ライブ少なめ、音源制作を活動のメインに

僕らがいた下北沢のバンドシーンは、ライブをたくさんやって、集客のためにフライヤーをまいて……という地道なやり方が主だったんですけど、それだとスピードが遅いと思ったんです。引用元:大注目株Awesome City Clubが語る、新しい時代のバンド論 - 音楽インタビュー : CINRA.NET

それこそ僕は下北沢のバンドシーンで頑張ってたので「ドキッ!」としましたよ。

マツザカ:このバンドがはじまる前、メンバーそれぞれ別のバンドで、そのときはライヴ中心の活動をしていたんですけど、思うような結果が出なかったんです。ただライヴをやって曲を演奏して……というのではダメなんだと。それで、もっと作為的に曲を作って、発表していくようにしてみたらどうだろう? って思うようになったんです。つまり、最初は無料で聴いてもらって、自分たちのことを知ってもらって……っていうような順序ですね。引用元:nterview with Awesome City Club - “オーサム・シティ”のハイブリッド・ソウル | ACC | ele-king

僕らは曲を売り物ではなく宣伝ツールとして捉えたんです。SoundCloudに曲をあげて、名前が気になったらすぐに聴ける状態にしておくことで、ライブに人が来てくれるようになるだろうと。まずは目先のお金のことは考えずにスタートしました。引用元:大注目株Awesome City Clubが語る、新しい時代のバンド論 - 音楽インタビュー : CINRA.NET

このやり方は「音楽不況」が叫ばれ始めたころから注目されていたビジネスモデルでした。

徹底して実行してメジャーデビューにこぎつけたのはAwesome City Clubが初めてじゃないかなぁ。

 

バンドマン、YouTube使わなさすぎ

ちょうど昨日も書いたんですけどバンドマン、YouTubeの力をナメすぎです。

www.shellbys.com

事実、ネットに音源を公開して結果を出してるバンドがいる以上、その効果には説得力があります。

 

唯一の正解ではない

とはいえ、「やり方」って言うのは1つではなくて様々あっていいと思うんですね。

Awesome City Clubにはこのような活動ができる前提条件がありました。

僕とatagiはもともとリハーサルスタジオで働いていて、モリシー(Gt,Synth)はエンジニアリングができたから、レコーディングがタダでできる状態だった

これは大きいですよね。

逆にライブをプロモーションツールだと捉えるとノルマや機材費などリスクが断然、違います。

 

でも例えば、大手音楽専門学校だと「ライブのノルマを肩代わり」してくれるトコロがあったりしますよね。

だったらライブを年に100本やるほうが効率がいいかもしれない。

 

つまりメンバーの能力、環境に応じて最も効率のいい方法を選んでいくのが重要です。

 

小さくはじめる

注意しなければいけないのがどんな活動を選ぶにしてもリスクを小さくする、ということです。

これはなにもバンド活動に限ったことではなくあらゆるビジネスのスタンダードになりつつあります。

移り変わりの激しい時代において、過ぎた初期投資のリスクは前時代より膨らんでいます。

逆にコストをかけずにモノをつくったり、流通したりできるようになりました。

それは音楽で言えばDAWの発展だったり、YouTubeの拡散力だったりするわけです。

 

Awsome City Clubの活動はそんな時代背景にのっとっていたと言えます。

 

小さくはじめる=リーンスタートアップなんてビジネスの世界でいったりします。

 

バンド活動にもリーンスタートアップ、取り入れてみてはどうでしょう?

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

【PR】バンドマンお役立ちブログの『Shellbys』です

今、読んでいただいているブログはバンドマンが運営しています。

 

自身のバンド経験からバンドマンに役立つ情報をたくさん共有しています。

きっと役立つものがあると思います。

是非、他の記事も読んでいってください!

 

 

 

バンド活動にお役立ち『バン活!』カテゴリー主な記事一覧

バンド活動のノウハウをみんなで共有『バン活!』をはじめます!

おすすめの人気記事

  1. ミュージシャンやバンドマンなら知っておくべきウェブサービス47選 
  2. 仕事がないミュージシャンにおすすめの副業6選 
  3. 【現役バンドマンが教える】バンドマンの定番おすすめバイト5選 

ライブ集客をしよう

  1. あなたのバンドがライブ集客に失敗する理由とその改善方法 
  2. 「音楽が無料になる」その理由が圧倒的過ぎる 
  3. ロックバンドやアーティストの「ファンクラブ」の作り方と運営方法 
  4. アーティストの音楽活動におすすめのメルマガスタンドまとめ
  5. 「くるり」も使ってる!バンドの音楽活動における『note』の可能性 
  6. ロックバンドが『LINE@』のアカウントを絶対に開設すべき3つの理由
  7. ロックバンドの売れるホームページの作り方&便利なサービス 
  8. ロックバンドやアーティストがファンを増やす方法とは?音楽以外の活動も必要

YouTubeを活用しよう

  1. 知っておくべきYouTubeの再生回数が増えない理由
  2. YouTubeに最適な設定をしてミュージックビデオの再生回数を増やそう!
  3. 【YouTube】ミュージックビデオの再生回数を10倍にする方法  

SNS宣伝術

  1. 【初心者OK】ミュージシャンがツイッターをうまく使う方法 
  2. 【ツイッター】エンゲージメント(反応率)を上げる方法 
  3. ミュージシャンやバンドマンの音楽活動でブログを活用する方法 

有料の広告を使ってみよう

  1. バンドの活動の無駄!あなたが払ったノルマ代の¥30000でこれだけの広告ができたよ 
  2. Facebookページであなたの音楽を1万人以上にアピールする方法
  3. Google adwords広告を使ってミュージックビデオの再生回数を増やす方法 
  4. ツイッターであなたの音楽を20万人に宣伝する方法
  5. ロックバンドのライブフライヤー(チラシ)の作り方 

バンドマンのモノづくりあれこれ

  1. おもしろいライブイベントの企画をつくる方法を考えてみた 
  2. 都内でノルマ制じゃないライブハウスまとめ
  3. 格安でレコーディングする方法はセルフレコーディングです
  4. 格安でレコーディングできる秘密は”個人経営”のスタジオだから 
  5. CDが売れない?バンドはCDを作るべきか、否かを考え対応策をとろう 
  6. おすすめの激安CDプレス会社と紙ジャケットを手作りする方法 
  7. インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)
  8. ノーリスクでバンドTシャツとかグッズをたくさん作って売る方法
  9. 【成功例も紹介】音楽制作の資金を募る『クラウドファンディング』て知ってる? 

音楽を流通して売る方法

  1. CDを全国流通したいあなたの音楽を売ってくれるディストリビューターまとめ 
  2. 自分の音楽が売れる通販サイトをつくれるサービスまとめ
  3. イベントやライブのチケット流通して売る方法 

バンド活動のさらなる飛躍を

  1. 【超重要】バンド名の決め方、これだけは意識すべきポイント 
  2. 【バンドを辞めたい人へ】U2に見るバンドを“長く続ける方がいい理由” 
  3. ダメバンドマンって「音楽性の違い」でケンカして、解散するよね
  4. キャッチコピー(フレーズ)が秀逸なロックバンド3選 
  5. ミュージシャンやアイドルが海外進出するために必要なツール7選
  6. ツアーバンドが見ておくべき便利サイト6選
  7. バンドの機材車を手に入れるおすすめの方法4選
  8. 路上ライブの許可のとり方&必要な機材、そしてそれで家族を養った話とは? 
  9. ロックバンドのステージ衣装の選び方とお店まとめ 
  10.  バンドロゴ作成のやり方&便利なサービス
  11. 【プロから趣味まで】ミュージシャンになるには楽器を練習しなきゃ!演奏力を上げる7つの方法 

参考になるアーティスト集

  1. ミュージシャンは業界に頼らずに「こおろぎさん」と「まつきあゆむさん」を目指すのはどうだろう? 
  2. 田舎で自由に音楽をするという最高の生活『mothercoat』と『凡人ハウス』
  3. 『Sleepyhead jaimie』に学ぶ稼げる音楽活動論 
  4. ロックバンド『忘れらんねえよ』のマーケティング(宣伝)が面白くてウケるwww
  5. ロックバンドがSEO対策をがんばるとこうなる。『ロックバンドおかん』 
  6. フラカンみたいにずっとライブバンドをやり続ける方法 

『バン活!』最新の記事はこちら