読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【最強のSEO】優秀なブロガーとはGoogleの思想を理解している人

ブログのこと ブログのこと-ブロガーむけコラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「SEO対策」とかアクセスをあげるためには考えたいところですが、最近気づいたことがあります。

素人ながら、まずこれを知っておかなければ真のSEO対策にはならないな、と。

 

それはGoogleの思想を理解することです。

 

また、ちゃんと理解しているブロガーが優秀なブロガーだと思います。

 

その思想とは

 

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」

 

ということらしいです。

これがGoogleの社会的存在意義であり、目指す事業だと。

 

この思想に叶うものが検索エンジンからのアクセスを集められることになります。

 

世界中の情報⇒まだネットにない情報をあげる(ブルーオーシャン)

これだけインターネットが普及してもまだまだネットにあがっていない情報は無数にあります。

ブロガーはまだネットにない生の情報をネット化させましょう。

それがGoogleが求めていることです。

その意味でプロブロガー、イケダハヤトさんの戦略は至極全うです。

高知に移住し、ニッチな情報を記事にし続けています。

そして、それはブロガー側からすればブルーオーシャンだと言えます。

ブルーオーシャンを積極的に狙うことでGoogleからの評価をあげることができます。

 

情報を整理⇒ユーザービリティを考慮した良質な記事(長文)

ただ、情報をネットにあげるだけでなく見る人に役立つ良質な記事でなければいけません。

情報がきちんと整理されているかどうか?

ここがGoogleが評価のポイントとしてチェックしている部分です。

 

「良質な記事」「整理されている」とは具体的にどういったことでしょう?

わかりやすいのはここ最近、Googleが長文を評価するようになったことです。

内容が薄いクリックやタップを強いるサイトは評価されにくく、一ページ完結といった情報の濃いサイトが評価されています。

 

Googleの下請けを避けられないプロブロガーという商売

SNSが影響力を高め、アドネットワーク広告が難しくなっている昨今においてもブロガーのアクセスの大半はGoogleからの検索です。

プロブロガーはGoogleと一蓮托生の商売である、というのは厳然たる事実でしょう。

ならばやはりGoogleの思想を理解しておく必要があります。

 

これは良い、悪いではなく必然的な問題です。

(逆にもう1つの情報の流れを作ったFacebookはやっぱりすごいな。。。)

そしてこれは結構、やりがいのある仕事ではないでしょうか?

自分の書いた記事が誰かの問題解決に役立つ。

顔は見えなくても様々なカタチでその賞賛はプロブロガーに還元されます。

 

Googleが幅を聞かせるインターネットの世界。

僕はそんなに嫌いじゃないんですよね。

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com