読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「お金が全て」は貧乏人の考え方

自分のこと 自分のこと-コラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

「人生で一番大切なものは?」なんて月並みな話題ですが、簡単に「お金」って言っちゃう人は残念です。


「金が全て」は貧乏人の考えそのもの


「人生はお金が全て」って言う人はお金そのものに価値がると思っているわけですよね?

でも、実際お金って何かの対価でしかない。

何かモノなりサービスの価値をお金っていう誰にでもわかりやすい数字で「翻訳した」に過ぎません。


ひるがえってお金を稼ぐことの本質とは、モノ(サービス)の価値を見定めることです。

本当にビジネスセンスのある人って一見、無価値に思えるものに価値を見出して適切な市場で売れる人でしょう。

この能力は「人生はお金が全て」なんて言ってるようじゃ養えないです。

結局、それは消費者意識でしかなく、生産者、経営者の意識がまったくありません。


つまり「お金が全て」の人は誰よりもお金が欲しいと思っているにも関わらず、お金を稼げない人です。

 

「お金持ちはケチ」の本質

よく「お金持ちはケチ」って言いますよね。

それはお金でなく自分自身の価値観とセンスを大事にしている証拠でしょう。

お金によって得られる何かが本当に価値があるものかどうか?

普段からそれを見定め、価値があるものにしかお金を使わないことを徹底することでビジネスセンスが上がる。

今風に言えばコスパが良いてことです。

 

お金を稼ぐためにお金をから自由になる

お金を本当に大事にしているなら「お金が全て」なんて思慮浅い発言はやめましょう。

その向こうにある人間の本能や欲望や理性、感情といった人生の本質を見極めるようにしたいですね。

「人生で一番大切なものは?」

まぁ、いの一番に「愛」って言っちゃう人もそれはそれで信用できないですけどね(笑)

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com 

www.shellbys.com