読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

子どもには思いっきりスマホゲームをやらせた方が良い。「Pokemon Go」みたいな

自分のこと 自分のこと-コラム

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

これで子どもたちはネット犯罪なんかに巻き込まれるヒマもなくなるでしょう。

 

任天堂がつくっちゃったスゴイゲーム「Pokemon Go」

www.youtube.com

ポケモンの最新作はスマホアプリでリリースされるそうです。

動画を見ての通り、現実世界にポケモンが登場するような仕様。

 

初代ポケモンをプレイしていた世代の僕からすると、夢見たいなゲームです。

あぁ、やりたい。。。

 

スマホと子どもの切ってもきれない関係

これからの子どもたちは言わずもがなのデジタルネイティブ世代です。

前のバイト先のパートのお母さんたちも子どもが学校でi padを使って授業を受けていると驚いていました。

おそらく「プログラミング」が必須科目になるのも時間の問題だし、これからの子どもたちはデジタルガジェットと共に生きていくのが前提になります。

そんな時代において、いくらネット犯罪が恐ろしかろうとスマホを使わないわけにはいかない。

むしろデジタルディバイドの方が弊害が大きくなるからです。

 

では、子どもたちをネット犯罪から守るためにはどうしたら良いでしょう?

やはり「スマホありきの社会」をアップデートするしかないのです。

ネット犯罪の特性を考えれば、ポケモンがスマホの世界にに進出することは意味があります。

 

ネット犯罪は「プル式」

スマホを通じた詐欺や犯罪はプッシュ式ではなく「プル式」です。

例え犯罪者側からアクションがあっても、こちらからクリックしたりとリアクションをしない限り、甚大な被害はこうむりません。

子どもたちはもうLINEで変なメッセージが来ても見向きもしないことでしょう。

 

だってそのスマホでPokemon Goをやるのに忙しいから。

ネット犯罪は子どもたちの心のスキマや余剰時間を狙ってきます。

しかし、心はピカチュウが照らし、ヒマな時間は友達とポケモンをプレイするようになります。

 

犯罪者もお手上げです。

ざまぁみろ。

 

おもちゃは子どもを守ってくれる

すっかり子どもをもってもおかしくない年齢になった僕は「良いおもちゃ」が少ないのを心配に感じていました。

「レゴ」は無限の想像を教えてくれた。

「ミニ四駆」で学んだ論理的思考は今でも役立ってる。

 

おもちゃのプロがつくった真にすばらしいおもちゃは子どもの成長を促し、正しい道へと導く力があると思います。

子どもがそのおもちゃで事故を起こさないように徹底的に考えられてるし、おもちゃに夢中になるその時間はいっさいの不安を吹き飛ばしてくれます。

 

「Pokemon Go」は従来のポケモンシリーズ同様、ユーザー同士のコミュニケーションを促す仕様になっているでしょう。

さらに今回がすばらしいのは「外に連れ出す」ようにできていることです。

 

来年、東京でも子どもたちが外で元気に遊び、夢中になる姿がたくさん見れるといいな。

俺も、混ぜてくれるかなぁ(笑)

 

「Pokemon Go」は逝去された任天堂の岩田さんが携わった最後の作品だそうです。

一人の大人として岩田さんの志を大事にしながら子どもたちを見守っていきたいと思います。

 

以下、「Pokemon Go」の制作に携わったNiantic Labsの河島さんのGoogle+から一部引用です。

とっても感動的な文章なので掲載します。

是非、引用元から全文みてほしいです。

子どもたちの80%が運動不足と言われている現代。
一方の未来には、子どもたちが、家で機械を被りスクリーンに没頭している世界がある。
一方には、スニーカーを履いて、友達と街へ飛び出したくてうずうずしているような、未来。テクノロジーを否定するのではなく、活用し、Niantic はパートナーたちとそういう未来の可能性を探ろうとしている。それが子どもたちの見つめる世界を、未来を、変えることにつながると、考えているのだ。

岩田さんが最後に遺した落し子が、世界の子どもたちと一緒に世界へと歩き出すその日が、僕は待ちきれない。
ようやくいうことができる。ご冥福をお祈りします。子供がみんな家に引きこもったいたら、天国からは見えない。一人でも多くの子どもたちの笑顔が岩田さんのいるところから見れるよう、微力を尽くしたいと思います。

引用元https://plus.google.com/+MasashiKawashima/posts/fvXUJ9fWaeG

 

あぁ、楽しみだなぁ。

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com