俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【ダメバンドマンへ】「ライブに呼ぶ」じゃなくて「チケットを売る」だよ

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

大阪の大学生、よっしーくんのブログがおもしろくて購読しています。

最近、気になる記事が。

yosshimusic.com

いち音楽ファンの立場から正直な意見が書いてあります。

ここなんかホントねぇ・・・。

でもね、至極1人のお客さん側として思うことを吐露しますと、まだそんなに興味のないアーティストから直接ライブに誘われるのって、正直すごーーーーーーーーーく鬱陶しいんですよ

僕はバンドマンですから「ドキっ!」としましたよ。

きっと鬱陶しいことになってただろうなぁ・・・と反省します。

 

では、バンドマンはどうしたらよいか!?

 

よっしーくんのブログではこう締めくくられています。

「お客さんの熱量を見極め、今お客さんが望む情報を望むだけ提供する」ということ、心がけるときっとみんなハッピーになれますよ。

ここをさらに掘り下げて考えてみましょう。

 

「ライブに呼ぶ」 より「チケットを売る」という意識をもつ

まず、バンドマンは「ライブという商品を売っているんだ」という意識を持つべきです。

 

興味のない人間に人間関係を理由に商品を買わせると不幸につながります。

 

これはネズミ講なんか考えてみればわかりやすいですね。

「これを買わないと友達としていられない・・・・。」

この気持ちを利用してしばしば悪徳商法はモノを買わせます。

 

もし、自分のライブが周りの友人にそう思われていたとしたら相当なストレスを友人に強いているでしょう。

これは絶対ダメですよね。

音楽をやることで不幸になるなんて事態は絶対に避けるべきです。

 

そのために「ライブに呼ぶ」なんて気軽に考えずに自分は「チケットを売っているんだ」と自覚しましょう。

ドライに思われるかもしれませんが、お金が絡んでいるという事実を逃げずに見つめましょう。

そうすれば、嫌なライブ告知とか自然としなくなるんじゃないかなと思います。

 

YouTubeを使おう

「興味ある人を誘えばいい」といっても問題はどうやって興味を持ってもらうかですよね。

まずはYouTubeに楽曲をあげましょうよ。

いつでも気軽に聞いてもらえる環境に音楽をおいておくのが基本中の基本です。

 

ニュース(コンテンツ)化しよう

じゃあ、そのYouTubeにあげた楽曲をどうやって聴いてもらうか。

そのために自分の生活やバンド活動をニュース化しましょう。

例えばよくある「○○やってみた」動画もそうです。

有名アーティストのカバー曲をあげるのもいいですね。

自分の好きなアーティストのことを文章にしてみたりとかアイディアは無限にあります。

そのニュース(コンテンツ)がおもしろかったり、役に立つものだったら自然と興味を持ってもらえるはずです。

 

SNSを使おう

そして、そのできあがったニュース(コンテンツ)をSNSで流してみましょう。

SNSは個人が不特定多数の人にアプローチできる唯一のツールです。

意外な大拡散がおこって一気に人気者になるかもしれませんよ。(笑)

(参考記事:『あったかいんだから』カバーすれば売れるんじゃね? - Shellbys

 

YouTubeに楽曲をあげる⇒ニュースをつくる⇒SNSで拡散する。

 

これを繰り返せば、興味をもってくれる人は必ず現れます。

その人にライブ告知するのがいい、ということですね。

 

 

まとめ

ライブをやるということは否応なくビジネスに巻き込まれることです。

ライブハウスにはスタッフがいて、バンドマンだってリスクを持って挑みます。

お金がなきゃできないのが厳然たる事実です。

だからこそ、お客さんには誠実に心をこめて接するべきなんです。

 

「ライブに呼ぶ」とか軽い言葉を使うんじゃなく、「チケットを売る」という言葉を使ってください。

 

それがバンドマンの誠実さだと僕は思います。

 

以上、バンドマンがお送りしました!