読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

まだ『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』を読んでないの?ミニマリストはあなどれないよ

趣味-おすすめ本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

はてなブログ内ではちょくちょく「ミニマリスト」が話題にあがりますね。

僕、よくわかってなかったんですよ。

ミニマリストって。

なんとなく断捨離を突き詰めた「意識高い系」?みたいなイメージしかありませんでした。

自分が引越しするタイミングでもあり、不用品に四苦八苦していたのでここはちゃんと勉強しよう!と思いこの本を買ってみました。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ミニマリストを名乗る佐々木典士さんの書いた本。

これを読んでやっとミニマリストとは何たるかを知ることができました。

本書の言葉を少し引用しながら、紹介してみたいと思います。

 

ぼくたちは幸せについて、あまりにも無知である

まずは、自分の生活に疑問を持つところからはじまります。

制限のない物欲と、溢れるモノに対して一度問いかけてみる。

「本当に幸せに寄与しているのか?」と。

 

 

ぼくたちは自分の価値を、モノを通して誰かに伝えようと懸命なのだ。

物が増えてしまう「謎」を解決する言葉。

実はモノとは他者の目線を気にした結果なのだと。

モノを自分の価値を伝える手段にしてしまうのが人だ。

そして、それが目的に変わった時、モノは再現なく増えていく。

なぜならモノ=自分となってしまい、自分の価値を高めることとモノを増やすことが同義となってしまうからである。

 

過去のモノと向き合うことは、過去の自分とばかり向き合うことでもある。それは「自分自身」に対する偏見を塗りなおして固めていくような作業だ。

 そして、モノが捨てれないことによっておきる弊害がコレです。

過去に縛られ、執着する。

「成長」とは過去の自分を振り切ることに近い。

過去が可視化されたのがモノです。

それによって益々、過去が自分を縛り付けてしまう。

本書では具体的な「捨てる方法」を指南すると同時に「過去との向き合い方」も考えさせられます。

 

幸せのパーセンテージを占める割合が大きい「モノ」

人はモノなしには生きていけません。

人が幸せを感じるかどうかはモノによる影響が大きいんだと思います。

ミニマリストの幸福度が高いことがそれを証明していますし、誰でも直感的にモノと幸せが密接な関係を持っていることは理解できると思います。

ミニマリストの登場は時代がモノについて考え直す分岐点にきていることを示唆しています。

長い人類の歴史において、モノを増やすことが幸せや生命の維持に直結する時代があったことでしょう。

 

しかし、今は増えすぎたモノを如何にコントロールするかが重要です。

 

そして現在ではあきらかに減らすことの重要性が高いのですね。

ミニマリストとは何か?

 

それは「モノと幸せについて真剣に考える人」。

 

と僕は定義づけます。

さらに勉強したい人はこの本を読んでみてくださいね。

ボリュームあったのですが、サクサク読めました。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

新品価格
¥1,080から
(2015/8/8 14:20時点)

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com