バン活!~バンドマンのための音楽活動サイト~

バンド活動のお悩み解決!音楽でメシを食うための方法。

 

【チケット流通】チケットを売りたいあなたのためのサービス

スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

バンドをやっているとダフ屋ってホントに良くないなと思います。

ダフ屋とは初めから転売目的で大量にチケットを買い占める行為を言いますが、コレ、マジで迷惑ですよね。

主催者側からすると、本来来てくれるハズのお客さんが来てくれない可能性が出る。

お客さん側からするともちろん、チケットの値段が上がるのは好ましくない。

 

例えば、自分のライブで売り上げが立ってたとしても会場がガラーンとしてたら・・。

泣いちゃいます(笑)

(いや、マジで。)

ダフ屋行為によって本来の趣旨から大きく外れてしまいます。

ダフ屋は捕まると

10年以下の懲役または500万円以下の罰金の刑事罰

ダフ屋 - Wikipediaより引用)

 だそうです。

 

ネットオークションはグレーゾーン?

ネットオークションはダフ屋行為なのでしょうか?

これはグレーゾーンみたいです。

捕まった事例もあれば、セーフの場合も。

捕まった事例は何百枚も出品していてあからさまみたいですが、今後なんらかの法規制が予想されますね。

 もし、利用する場合もあまりに高額でオークションをスタートさせたりするのはやめましょう。

 

チケットが余ったら

それでもチケットが余ることってありますよね。

最近ではツイッターを眺めてると行けなくなったライブのチケットを譲ったりする行為が日常的に見られます。

近くの友人などに譲れない場合はネットを使うのは有効なはず。

 

チケットぴあなら「チケットガード」や「チケットリセール」などのサービスがあります。

 ⇒チケットぴあ

 

YELLOW MONKEYなんかは自分たちで余ったチケットを管理するシステムを開発しました。

復活したイエモン(THE YELLOW MONKEY)のマーケティングが最先端ですごい 

 

 

コンサート、ライブ事業は今後の音楽業界の生命線になってくるはずです。

利益が業界の中で健全に循環されるとアーティストにとっても喜ばしいのではないかと思います。

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

バンド活動ノウハウ集

音楽活動の宣伝
音楽で稼ぐ方法
ライブハウスの選び方
ライブとレコーディング
メジャーデビューする方法
音楽と両立できる仕事や副業
独立して活動するアーティスト
ミュージシャンにおすすめの本
バンドコラム

 

演奏力アップ

おすすめの音楽教室
ドラムのコツ

音楽ファンむけ

音楽業界の仕事
音楽ニュース
おすすめの音楽
音楽の楽しみ方