読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【東京】一人暮らしの格安賃貸物件の見つけ方

生活ネタ 生活ネタ-引っ越し

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

ワケあってこの夏から一人暮らしを始めることになり、物件探しにいそしむ日々でした。

やっといい物件を発見!

え~と、最寄り駅は大体新宿から電車で20分~30分くらいでしょうか?

詳しい場所は言えませんけども(笑)

 

今日は物件探しの中で「こうすれば良い物件に出会えそうだ!」と思ったことがあるので書いてみます。

同じように

  • 単身者(一人暮らし)
  • 男性
  • 格安物件を探している

そんな方は是非、参考にしてみてください。

 

①閑散期を狙え!

不動産屋さんの繁忙期は2月~4月。

新生活が始まる時期ですね。

逆に5月~7月はワリと暇なわけです。

なぜこの閑散期に物件を探すと良いかと言うとまず、第一に売れ残り物件の家賃が下がるんです。

物件をもっている大家さんからすると空き部屋はただのリスクでしかないそうで。

繁忙期を経て入居がなかった物件は積極的に家賃を下げるそうです。

実際、僕は三万円代で風呂、トイレがちゃんとあるというなかなか無茶な物件をさがしていました(笑)

でも、結構あったんですよね。

中には「家賃4ヶ月無料!」というおもしろ物件もありました(笑)

 

そして、第二に売れ残り物件がテコ入れされるということもあります。

売れ残ってしまった魅力のない物件に入居してもらう為に改装するのはよくあることらしいです。

実際、内見した物件の半分以上は改装後初公開でかなり綺麗でした。

大家さんの気合が伝わってきて面白かったです(笑)

 

②地元の不動産に頼れ!

物件を探すときまずやるのはネットで大手不動産会社のサイトを見ることではないでしょうか?

僕もやりましたね。

まず、探すチャンネルをたくさん持つのは必要だと思います。

そんな中、良かったと思ったのが地元の不動産屋さんですね。

ネットにはそんなに物件を上げていないんですが、実際に伺うとこれが結構あったんですよね。

 

今回、お世話になった不動産屋さんは長く地元で商売なされていて、大家さんから信頼もアツい。

実は借りた物件も元々は家賃¥39000でして、そこから家賃交渉して下げてくれたのでした。

ありがとうございます!

 

そんなわけでオススメはいきなり物件をさがすのではなく、まず狙っているエリアの不動産屋さんをピックアップすると良いと思います。

そして、とりあえず全てに顔を出しておく。

 

③ネット不動産の「ノマド」もおすすめ

意中の町の不動産屋さんに顔を出すのが難しかったらネット不動産の「ノマド」を使うのもおすすめです。

ノマドはネットで物件をピックアップするのですが、なんと仲介手数料が無料になります。

これで良い物件を見つけられたらかなり節約になりそうです。

一度のぞいてみてください。

仲介手数料無料、お部屋探しならノマド

 

まとめ

うまく閑散期に引っ越すためには時間に余裕をもつことが必要ですね。

できる方は少ないと思うのですが、できるならやっておくといいです。

 

あとは物件をしらみつぶしにネットで漁るのではなく、地域の信頼アツい不動産屋さんを頼ること。

逆に足を使えない人は既存の物件紹介サイト以外にもノマドのようなネット不動産を使ってみること。

 

是非、参考にしてみてください!

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com