読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

最も手堅い仕事としてミュージシャンやバンドマンを選ぶ

音楽 音楽-音楽と仕事

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「夢ばかり追いかけて・・・・!」

バンドマンなんかを続けていると周囲からそんな風に思われることがあります。

少年が「将来ミュージシャンになりたいんだ」と親に告白すれば「三年がんばって無理ならあきらめなさい」と条件を出されるのはあるあるでしょうか?

 

安定しない。

将来性がない。

 

ミュージシャンやバンドマンは職業としてそんな風に思われてきました。

しかし、最近僕はそれは間違っているのではないか?と思うようになりました。

 

音楽はなくならない

まず、音楽は有史以来存在し続けているという事実。

最古は紀元前、メソポタミア文明において楽器が演奏されてたそうです。

そこから現在にいたるまで、社会、文化、文明は様々な変容があったわけですが音楽そのものは何か得に代替されることなく存在し続けています。

それだけで音楽が人間に深く根付いているものだとわかります。

 

2010年以降の「安定した職業」はない

たびたびこんなことが話題にあがります↓

グーグルCEO「20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される。」|リーディング&カンパニー株式会社

「30年後には今の40%の仕事がなくなっている」という研究発表もあるくらいです。

まぁ、間違いないのでしょう。

単純な肉体労働や知的労働は機械によって代替されるのは自然だろうし、その方がいいとも思います。

 

つまり、今現在「安定していない」のはどの職業も一緒です。

 

ミュージシャン/バンドマンは生き残るか?

その中でミュージシャンやバンドマンという職業は生き残るでしょうか?

僕は生き残ると思います。

テクノロジーによる単純労働の代替は逆説的にはテクノロジーによって代替できない活動に富が集中することを意味します。

機械ができない仕事。

 

それはクリエイティビティです。

 

音楽をつくることはその代表格と言えるでしょう。

また、生の音楽体験「ライブ」も無くなるとは考えづらいです。

さらに、音楽活動を下支えするインフラはかつてないほど安価になってきています。

(参考記事【スキル別】「好きなことで、生きていく」ためのWEBサービス10選

DTMによる音楽制作、YouTubeやストリーミングなど発表の場も多い。

原価0円で音楽を制作し、利益を上げている人も珍しくないでしょう。

 

ITイノベーションにより2000年代から音楽不況が叫ばれてきました。

しかし、早くにテクノロジーの進化を経験できたことが音楽家にとって(また業界にとって)今になって有利にはたらいている様にも思います。

イノベーションを経験していない業種もまだまだあるでしょうから、そういった職業につく人はこれから苦労すると思います。

 

「音楽はなくならい」という事実。

イノベーションへの対応力。

それを考えればむしろ今後はミュージシャン/バンドマンは最も手堅い職業です。

 

セーフティネットとして音楽

とは言え誰でもミスチルになれるとは言ってませんよ(笑)

しかし、副業の一つ、セカンドインカムとしては十分検討できるレベルにあると思います。

人生において音楽を続けることは「辞める」「辞めない」の二者択一になりがちです。

しかしこれからは「辞めない」でいいのです。

むしろその方がいいのです。

ミュージシャン/バンドマンとしてのスキルは将来のあなたの生活を支えることになるかもしれません。

 

例えばストリートアカデミーで今すぐ音楽講師に

ストリートアカデミーというサービスがあります。

これは色んなスキルをもった人がすぐに教室を開業できるサービスです。

もちろん音楽を教える人もOK!

例えばこのように音楽のスキルを副業に買えることができるわけですね。

 ⇒ストリートアカデミーのサイトを見てみる。

 

是非、こういった目線でバンド活動、音楽活動に取り組んでみてはどうでしょう?

かなり明るい気持ちが出てくると思います(笑)

僕自身もミュージシャン/バンドマンが自ら旗を立てて生きることができる方法や情報を発信していきます。

 

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

【PR】バンドマンお役立ちブログの『Shellbys』です

今、読んでいただいているブログはバンドマンが運営しています。

 

自身のバンド経験からバンドマンに役立つ情報をたくさん共有しています。

きっと役立つものがあると思います。

 

 

是非、他の記事も読んでいってください!

 

 

バンド活動にお役立ち『バン活!』カテゴリー主な記事一覧

バンド活動のノウハウをみんなで共有『バン活!』をはじめます!

おすすめの人気記事

  1. ミュージシャンやバンドマンなら知っておくべきウェブサービス47選 
  2. 仕事がないミュージシャンにおすすめの副業6選 
  3. 【現役バンドマンが教える】バンドマンの定番おすすめバイト5選 

ライブ集客をしよう

  1. あなたのバンドがライブ集客に失敗する理由とその改善方法 
  2. 「音楽が無料になる」その理由が圧倒的過ぎる 
  3. ロックバンドやアーティストの「ファンクラブ」の作り方と運営方法 
  4. アーティストの音楽活動におすすめのメルマガスタンドまとめ
  5. 「くるり」も使ってる!バンドの音楽活動における『note』の可能性 
  6. ロックバンドが『LINE@』のアカウントを絶対に開設すべき3つの理由
  7. ロックバンドの売れるホームページの作り方&便利なサービス 
  8. ロックバンドやアーティストがファンを増やす方法とは?音楽以外の活動も必要

YouTubeを活用しよう

  1. 知っておくべきYouTubeの再生回数が増えない理由
  2. YouTubeに最適な設定をしてミュージックビデオの再生回数を増やそう!
  3. 【YouTube】ミュージックビデオの再生回数を10倍にする方法  

SNS宣伝術

  1. 【初心者OK】ミュージシャンがツイッターをうまく使う方法 
  2. 【ツイッター】エンゲージメント(反応率)を上げる方法 
  3. ミュージシャンやバンドマンの音楽活動でブログを活用する方法 

有料の広告を使ってみよう

  1. バンドの活動の無駄!あなたが払ったノルマ代の¥30000でこれだけの広告ができたよ 
  2. Facebookページであなたの音楽を1万人以上にアピールする方法
  3. Google adwords広告を使ってミュージックビデオの再生回数を増やす方法 
  4. ツイッターであなたの音楽を20万人に宣伝する方法
  5. ロックバンドのライブフライヤー(チラシ)の作り方 

バンドマンのモノづくりあれこれ

  1. おもしろいライブイベントの企画をつくる方法を考えてみた 
  2. 都内でノルマ制じゃないライブハウスまとめ
  3. 格安でレコーディングする方法はセルフレコーディングです
  4. 格安でレコーディングできる秘密は”個人経営”のスタジオだから 
  5. CDが売れない?バンドはCDを作るべきか、否かを考え対応策をとろう 
  6. おすすめの激安CDプレス会社と紙ジャケットを手作りする方法 
  7. インディーズバンドのミュージックビデオ(PV・MV)作り方色々(僕のドキュメントを含めて)
  8. ノーリスクでバンドTシャツとかグッズをたくさん作って売る方法
  9. 【成功例も紹介】音楽制作の資金を募る『クラウドファンディング』て知ってる? 

音楽を流通して売る方法

  1. CDを全国流通したいあなたの音楽を売ってくれるディストリビューターまとめ 
  2. 自分の音楽が売れる通販サイトをつくれるサービスまとめ
  3. イベントやライブのチケット流通して売る方法 

バンド活動のさらなる飛躍を

  1. 【超重要】バンド名の決め方、これだけは意識すべきポイント 
  2. 【バンドを辞めたい人へ】U2に見るバンドを“長く続ける方がいい理由” 
  3. ダメバンドマンって「音楽性の違い」でケンカして、解散するよね
  4. キャッチコピー(フレーズ)が秀逸なロックバンド3選 
  5. ミュージシャンやアイドルが海外進出するために必要なツール7選
  6. ツアーバンドが見ておくべき便利サイト6選
  7. バンドの機材車を手に入れるおすすめの方法4選
  8. 路上ライブの許可のとり方&必要な機材、そしてそれで家族を養った話とは? 
  9. ロックバンドのステージ衣装の選び方とお店まとめ 
  10.  バンドロゴ作成のやり方&便利なサービス
  11. 【プロから趣味まで】ミュージシャンになるには楽器を練習しなきゃ!演奏力を上げる7つの方法 

参考になるアーティスト集

  1. ミュージシャンは業界に頼らずに「こおろぎさん」と「まつきあゆむさん」を目指すのはどうだろう? 
  2. 田舎で自由に音楽をするという最高の生活『mothercoat』と『凡人ハウス』
  3. 『Sleepyhead jaimie』に学ぶ稼げる音楽活動論 
  4. ロックバンド『忘れらんねえよ』のマーケティング(宣伝)が面白くてウケるwww
  5. ロックバンドがSEO対策をがんばるとこうなる。『ロックバンドおかん』 
  6. フラカンみたいにずっとライブバンドをやり続ける方法 

『バン活!』最新の記事はこちら