読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

仕事が辛くて辞めたい時に読むべき本4選

趣味-おすすめ本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

誰でも最初は夢と希望をもって仕事を始めるものじゃないでしょうか。

でも、現実は冷たい面もあってバカみたいに怒鳴り散らかす人もいたりします。

そんな汚い心に負けてクジケてしまった時。

 

体が言うことがきかない。

心が動かない。

それでも将来が不安だから働なきゃ。

そう思うともっと不安になっていく。

そんなこと辞めましょう。

 

今日紹介する書籍は言うなれば「ドロップアウトのススメ」です。

別にどんな生き方でも生きていけるみたいですよ?

どんなんでもいい。

死ぬよりは。

 

①ニートの歩き方

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

新品価格
¥1,706から
(2015/5/20 12:28時点)

まずはいきなり働いていない人を紹介。

インターネットという究極のセーフティネットをフル活用して生き抜く生存戦略を提案。

 (関連記事:まだ五月病の人は『ニートの歩き方』を読むと楽になるかも

 

②年収150万円で僕らは自由に生きてく

年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

新品価格
¥886から
(2015/5/20 12:31時点)

プロブロガー、イケダハヤトさんの本。

上記のニートさんは年収が80万円ほど。

それではリアリティがもてない人はこちらがオススメ。

「生活のミニマムコストを計算する」というのは一度やってみると良い。

 

③プア充

プア充 ―高収入は、要らない―

新品価格
¥1,404から
(2015/5/20 12:34時点)

こちらはさらに倍の「年収300万円が幸せ」だと考える本。

小説風になっていて読みやすいです。

多くの人にとってもっともリアリティのある話だと思うのでオススメ。

 

④里山資本主義

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

「里山」を中心とした「地域で循環する経済」の必要性を考える本。

現実的には「グローバル資本主義」と「里山資本主義」を組み合わせることでより安定した生活をしようと試みること。

より複雑に、高速になるグローバリズムに一定の区切りをつけ、もう1つの経済を自分の生活に導入しようとすることです。

「お金にならない経済活動」をしっかり認知することは心の豊かさにつながります。

「お金に振り回される・・・・!」そんな感覚がある人は一度読んでみると良いかと思います。

紙の本はこちら↓

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

新品価格
¥843から
(2015/5/20 12:42時点)

 

視野を広げて自分の人生を生きよう!

人を追い詰めるのは「そこでしか生きられない」という感覚です。

それはよく「常識」だとか「現実」という言葉で簡単に語られます。

でもそんなものこそ疑いの目を向けましょう。

人生とは思った以上に多種多様なものですね。

上記の書籍、是非参考にしてみてください。

 

新しい働き方を探してみる?

とはいえ、誰しもみんなニートになれるわけでもありません。

現実的に新しい仕事を探すために以下の転職支援サイトをおすすめしておきます。

登録は全て無料です。

情報を仕入れるだけでも気持ちが楽になりますよ。

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.co