読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【簡単定期購入】コーヒー豆の通販でおすすめは『BookCoffee』です

趣味-コーヒー

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です

 

アメリカでスターバックスがコーヒー豆の定期購入サービスを始めることが話題になりました。

 参考記事:【最新ビジネスモデル】色んな業界の『サブスクリプション(定期購入)サービス』まとめ

 日本でも先駆けて、「サブスクリプション型」のコーヒー豆購入サービスを始めているお店を発見しましたよ!

 

 

『BookCoffee』

f:id:sohhoshikawa:20150411101443p:plain

オリジナルブレンドの定期配送サービスです。
2週間に1回、焙煎したての新鮮な豆を配送いたします。
定期配送サービスは、先着20セット限定での販売になります。リンク先より引用

どんな豆かというと

スペシャルティコーヒーの当年度産の生豆を使用し、

個性的な香味を最大限引き出し、新鮮なうちにご提供します。リンク先より引用

 「当年度産の生豆」というのがいいですな。

ニュークロップというやつです。(通っぽい言い方 笑)

コーヒー豆は立派な農作物。

その時々で味わいが違います。

ブレンドは普通、味を安定させる狙いがあると思いますが、ニュークロップを使うことで時節で変わる味わいを楽しめそう。

ブレンドは三種類あるそうです。

FRESHブレンド

朝起きたら、まず口にしたいフレッシュな果実感を感じられるブレンドです。

WORKブレンド

デスクワークで気分を切り替えたいときに、ガツンと濃い目のフルボディ・ブレンドです。

RELAXブレンド

夜、夕食後のリラックスタイムに最適なすっきりとしたブレンドです。

 

コーヒーキュレーターという新しい価値

 普通はブレンドというと、ビターブレンドとか、モカブレンドとか「味わい」を表したものが多いですよね。

けれどBookCoffeeさんではご覧のように「シーン別」でブレンドを表現されています。

 

これは、おもしろい!

 

コーヒーの新しい提案の仕方ですね。

おそらく定期購入という販売スタイルを考えて、味ではなく「コーヒーが飲まれる生活風景」を提案している。

顧客のライフスタイルまで考えた秀逸な販売方法だなと思います。

また、主に情報を選別することをキュレーションと言いますが、さしずめBookCoffeeさんは「こーヒーキュレーター」

自分で高品質の豆を探すのが難しい人でも、選んでくれる人が入れば楽。

近年、多用な味わいを持った豆が多数登場するコーヒー界において、「コーヒー豆を選別、プレゼンする」=「コーヒーキュレーション」の価値はどんどんあがっていくのではないでしょうか。

 

さらなる期待はトレーサビリティ

スペシャルティコーヒーという概念を支える大切な要素として「トレーサビリティ」というのがあります。

コーヒー豆の出処を「トレース(追跡)」する。

つまり、どの農園でどのように栽培、精製されたかを顧客にはっきり伝えることです。

BookCoffeeさんを利用する人はおそらく、大変なコーヒー通だと思うのでトレーサビリティがしっかりしていたら尚、毎日のコーヒーライフが楽しくなると思います。

ブレンドだとトレーサビリティがはっきりしないことが多いので。

これはコーヒー好きとしての期待もこめてます。

お試しセットもありました

 まずはこちらを試すのがベターかと。

 

ところで余談ですが

BookCoffeeさんのECサイトはBASEを使ってますね。

誰でも無料でECサイトが作れるBASE

インフラさえあればこういったカッコイイ商売が誰でも気軽に始められる。

偉大だな~。

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com