読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【駅から30秒!】山形県新庄市で蕎麦を食べるなら「一茶庵分店」がおすすめ!

ローカル情報-山形のこと

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

さてさて、良くぞおいでくださいました山形県は新庄!

「遠いところよく来てけったにゃ~」っということでまずはお食事でもどうでしょう?

とは言え、長旅で疲れてるから近場で。

レンタカーとかメンドイ。

でも、その土地ならではのものを食べたい!

そんなあなたにオススメしたいのがコチラ。

 

一茶庵分店

f:id:sohhoshikawa:20150330133314j:plain

山形は日本随一の「そば王国」です。

美味しいそば屋さんが至るところにたくさんあるんですが、まずはこちらへどうぞ。

駅の正面口を出てすぐ30秒で左手に見えてきます。

この道。↓

f:id:sohhoshikawa:20150330134927j:plain

食べて欲しいのが

「カムテンそば」!

f:id:sohhoshikawa:20150330133610j:plain

どーん。

なんと「とりもつ」がのったそばです。

「とりもつ」???

「かむてん」???

色々と突っ込みたいところがあると思いますが味はバッチリですよ(笑)

新庄市。

もともと「とりもつ」を名物にしていました。

この「カムテンそば」以外にも「愛を”とりもつ”ラーメン」とかもあります(笑)

「カムテン」ってなに?

新庄には「神室山(かむろさん)」という山があります。

そこに天狗の伝説があったと。

そこでその「神室山の天狗」略して「カムテン」を市のキャラクターとしていこうとなったわけです。

んで、なんでそばまで「カムテン」かと言うと。

そば屋では「come店そば」と書いていました。

つまりもともと「神室山の天狗」だった「カムテン」を「店にcome(くる)」と、もじったんです。

うん。最初の由来がまったく伝わらなくなりましたね(笑)

でも、そんなカムテン。

ちゃんとキャラクターがいるんですよ!

f:id:sohhoshikawa:20150330134548j:plain

なぜか大相撲のキャラクターと2ショット(笑)

そして、デザインはなんと

『HUNTER×HUNTER』『幽々白書』の冨樫義博さん!

f:id:sohhoshikawa:20150330134822j:plain

何を隠そう冨樫さん。

新庄市出身なんですね~。

持つべきものは地元のスター!

そんなこぼれ話と一緒に是非、一茶庵にいって「カムテンそば」食べてみてくださいね!

 

以上、バンドマンがお送りしました!

他の山形情報も見てみる?

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com