読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

バンドの活動の無駄!あなたが払ったノルマ代の¥30000でこれだけの広告ができたよ

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-有料で広告を出す

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

東京のライブハウスのノルマ代。

平均すると¥30000くらいだと思います。

あなたのバンドは「お客さん0」でそのノルマ、¥30000

を全額払ってしまった経験はありませんか!?

これはとっても無駄なお金ですよね。(「失敗という経験を買った」ということは置いといて)

実はインターネットでは個人で出せる広告がたくさんあるのです。

今回は様々な広告を使って合計で30万人のリーチを目指します。

あの¥30000・・・・もったいない!

 

ノルマ30000円分でこれだけできた!すぐに始める広告の使い方!

ノルマを3万円(全額)払ってしまった、ということは

 

30000円も払ったのにあなたの音楽を誰にも聴いてもらえなかった。

と、言うことに限りなく近いです。

対バンの方お客さんなどフロアにいてくれる可能性はありますが、ある程度経験のあるバンドマンなら分かると思います

 

「平日の気合の入っていないブッキングライブのあのガラーンとした感じ・・・。」

 

あんなお金の使い方をしていたのでは「音楽で飯を食う」なんて夢のまた夢。

あなたが無駄にしたお金で実は「これだけの人に聞いてもらえたんだよ!?」という事実。

まず前提として用意するものがあります。

前回までの繰り返しの部分もありますが、もう一度よ~く確認させてください。

なんせお金かけるわけですから。

容易するものは以下の通りです。

  1. YouTubeにアップロードしたミュージックビデオ。
  2. (当然)予算の30000円。
  3. 広告のゴール。

 

 

①YouTubeにアップロードしたミュージックビデオ。

ミュージックビデオを1つ準備しましょう。

動画はネットで広告をかける上で中心となります。

 

ことロックバンドについてはミュージックビデオの質が、その後のバンドの広がりを左右すると言っても過言ではないのではないでしょうか。

しかし、ここではまず「音楽を聴いてもらう」ことに着眼するため、楽曲や動画のクオリティは問題にしないことにします。

動画の質がたかければ販促効果が高まる。

それだけ頭に入れておきます。

 

②予算30000円

これは現金で用意する必要はありません。

主にクレジットカードを使います。

(参考記事:バンドマンでも審査に通ったクレジットカードはこれです 

 

③広告のゴール

なんのために広告を打つか?よく確認しなければいけません。

音楽を聴いてもらうため?それでは少し意味は弱いですね。

「音楽で飯を食う」ことを考えるともっと突っ込んで考えないといけません。

では、ズバリCDを買ってもらうため?

それも良いと思います。

しかし、イマドキCDを買ってもらうことは並大抵のことではないです。

その前にやることがあります。

 

それは「ファンをつくること」です。

 

なので、今回は「ファンになってもらう」ことを広告のゴールとします。

具体的にファンとはどのように定義したらよいでしょうか?

 

それとは自分のバンドの「コミュニティに参加してもらった人」です。

具体的に言えば、メルマガの購読であり、ツイッターのフォローであり、Facebookページのいいね!だったりします。

 

つまり、その後も継続してバンドの情報をファンに伝えられる状態にすることが重要なのです。

とりあえず、媒体はなんでもかまいません。

(本当はずっと書いてきたとおりメルマガとかnote、LINE@などがいいです。)

 

例えばツイッターならフォロワー数が増えることを目標としましょう。

YouTubeの自分のMVの説明欄に「気に入ってくれたらフォローお願いします!@アカウント」などの文言をしっかり明記し、ゴールまでの導線をしっかり引くことです。

 

さて、準備ができたらいよいよ広告を始めます。

次回バン活はこちら。

www.shellbys.com


引き続きごらんください。

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com