読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

伊集院静さんの電子書籍”だけ”の著書『男の流儀入門』を読んだ

趣味-おすすめ本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

伊集院静さんが電子書籍”のみ”の著書を出版していたとは意外でした。

『男の流儀入門シリーズ』全3冊。

全て¥500です。

仕事、恋愛、震災について。

どれも悩み、立ち止まった時に読んで欲しい内容でした。

『男の流儀入門』

恋愛編

男の流儀入門【恋愛編】 デジタルブックファクトリー

「男の責任」をとれ!という単純明快なメッセージがズバッと刺さる内容。

世の草食系男子に一言も、二言も物申す。

この金言。

好きです、という言葉には女が砕ける要素が入っている。

この言葉に納得できる男が今どれくらいいるんだろう?

ここまでは言えなくてもなにか最近は、恋愛がダサく下世話なものであるという風潮がある気がします。YMOのドラマーの高橋さんも

ドラムのセンスを磨くには練習より恋愛です。

とか言ってるとかいないとか(笑)

うん。男はもっとカッコ悪くていいんじゃないかと。

「女を口説く勇気のないカッコイイ男子」そんな方にオススメの本です。

仕事編

男の流儀入門【仕事編】 デジタルブックファクトリー

これはブロガーにも読んで欲しいなぁ。

ノマドを目指す君へという項では、むしろ会社組織よりも弱肉強食であるある種、当たり前のことを説いてくれる。

また、ものづくりの極意では

仕事を仕上げた時に「これは上手くいっているかな?」と不安に思ったら上手くいく。「完璧だ。ほぼできている」と思ったものは、前の仕事とほとんど一緒だ。

 とか

量が質を量がするという言葉がある。(中略)書きまくっているうちに質が上がっている。

 と教えてくれています。

僕、この年になって「おもしろい説教をしてくれる上司ってほんと少ないな」って思うんです。

個人主義の世の中でいつから説教がパワハラになったんでしょうか?伊集院さんみたく人生や仕事をユーモアを交えながら語ってくれる人にほとんど会ったことがありません。

現実社会で出会えない人生の指針になる言葉を探して、自分は本を読んでいるのかな?と思いました。

震災編

男の流儀入門【震災編】 デジタルブックファクトリー

僕らの世代が語り継ぐべきことは間違いなく「東日本大震災」だと思うんです。

人は「悲しみから悲しみを想像できる生き物」です。

語ることで次の世代の子どもたちに豊かさを預けることができると思います。

被災地の人間でなくとも、あの時それぞれがそれぞれの形で被災した。

この本をkindleの中に入れて持ち歩いて、いつまでも忘れないようにしたいなと思いました。

本の中では仙台で被災された伊集院さんの立場から貴重な体験を語られています。

また、被災時の男の心構えを教える部分では背筋がぴんと伸びる思いがしました。

同世代の若者に読んで欲しい。とにかく大事なことは大事だ!と素直に言うべきだし、真摯に耳を傾けて欲しいと思います。

 

どれも、ボリュームはそんなにないのでスグに読めちゃいます。

是非、コーヒー片手に生活と人生のお供に。

 

 

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもうどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com