バン活!~バンドマンのための音楽活動サイト~

バンド活動のお悩み解決!音楽でメシを食うための方法。

 

ロックバンド/ミュージシャンの音楽ホームページの作り方。作らないのはありえない!

スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

バンドマンのみなさん、バンドのホームページはありますか?

「SNSあるから別にいらないよ」って???

 

ダメ!それは絶対にダメです!

 

SNS時代の今だからこそ、ホームページが必要ですよ。

 

ホームページが必要な2つの理由

①プル型広告がないのは大きな機会損失だから

広告にはプッシュ型広告と、プル型広告というのがあります。

プッシュ型とはこっち(アーティスト側)から広告を発信すること。

ツイッターのツイート、フェイスブックの投稿などはプッシュ型ですね。

 

プル型とはユーザーが自発的に探してたどり着く広告です。

このプル型がホームページやYouTubeになります。

f:id:sohhoshikawa:20171105161624j:plain

 

2つのうち、あなたにより興味を持っているのはどちらの人でしょうか?

答えはやっぱりプル型ですよね。

そりゃ、そうです。

既にあなたに興味をもって調べてくれたわけですから。

 

  • プッシュ型広告:ファンになってくれる可能性が低い
  • プル型広告:ファンになってくれる可能性が高い

 

つまりホームページを準備していないということは、これからファンになってくれる可能性の高い人をみすみす逃すことになるわけです。

これは大きな機会損失!

逆に自分が探す立場になった時、気になってググったのにホームページがないなんてありえない!と思いませんか?

 

②情報がまとまった場所が必要だから

基本的にツイッターもフェイスブックもアプリをスマホにダウンロードしている人がアクセスしますよね?

 

アプリを持っていない人がわざわざアクセスすることはあまり考えれれません。

でも、ホームページ=ウェブサイトなら誰でも簡単にアクセスできるんです!

PCでもスマホでも必ずブラウザが標準装備されていますからね。

 

そこにSNSアカウントはもちろん、動画サイトやウェブショップ、チケット予約まですべてそろっているなんて、考えてみるととても便利。

ウェブサービスが多い今だからこそ、それらをまとめる場所の必要性が高まっています。

 

いうなれば、ホームページはあなたの音楽活動の百科事典です。

ホームページを調べればあなたの情報がすべてわかるのです。

f:id:sohhoshikawa:20171105170553j:plain

 

 

あなたのバンドがライブ集客に失敗する理由とその改善方法」で示したこの画をもう一度思い出してください。

f:id:sohhoshikawa:20171102165624j:plain

 

ご覧のようにホームページは宣伝の中核をなすモノでしたよね。

こんな便利な場所を作らないなんてほんっっっっとうにもったいない!

 

ファンへのサービスだと思ってぜひホームページを作ってください。

 

ホームページの中身は?ゴールデンボンバーを参考にしてみよう

 さて、ホームページの意義がわかったところで肝心の中身はどのようにしたら良いでしょうか?

 

少なくとも以下のコンテンツは欲しいところ。

まぁ、定番ですね!

  • LIVE ライブ情報
  • BIOGRAPHY バンドのストーリーと世界観の提示
  • SOCIAL 各ソーシャルメディアへのリンク
  • FUNCLUB メルマガやLINE@、noteへのリンク
  • SHOP ECサイトへのリンク

 

参考にしてほしいのはゴールデンボンバーのホームページです。

なんと金爆の公式ホームページはウィキペディアのデザインまんまなんです!

f:id:sohhoshikawa:20171105171841p:plain

ゴールデンボンバー Official WebSiteトップページ)

 

これは非常に示唆的な試みですね。

ファンの人は実はバンドについて調べるとき、公式サイトよりウィキペディアを見る傾向があります。

なぜならウィキペディアの方が読みたい情報が多いから!

プロフィールはもちろん、裏話やメンバーの細かな趣味趣向が豊富にのっているのもウィキペディアですもんね。

 

ならばいっそホームページをウィキペディア風にしてしまえ!と。

もちろん、デザインを真似するのは金爆のパクリですからダメです(笑)

 

しかし、その考え方や狙い、ファンを満足させようという姿勢は大いに参考にしたいですね。

自分たちの音楽の世界観をもとに、特にBIOGRAPHYの部分などしっかり作りこみましょう!

 

ホームページのつくり方は2つ。自分でつくるか、レンタルサービスを使うか

では、実際にホームページを作っていきましょう!

 

ホームページの作り方は主に2種類あります。

 

まず、自分でサーバーを借りて、wordpressなどのCMSをインストールする方法。

あとは有料にせよ、無料にせよホームページの作成サービスを使うことです。

 

サーバーを借りてWordpressを導入する方法とメリット

ウェブサイトをつくる代表的なCMSがWordpressです。

(CMS=コンテンツマネージメントシステム)

Wordpressとは複雑なプログラミング言語知らなくてもサイトを構築、運営できるように考えられたソフトです。

 

まずはサーバーを借りる必要があります。

おすすめのレンタルサーバーは、

です。

最初はそれほど急激に大量のアクセスを集めることはないでしょうからドメインキングでよいと思いますよ。

関連記事:格安!簡単なホームページなら「ドメインキング」でつくるのがおすすめ!

 

サーバーを借りたら、独自ドメインも一緒に取得し、Wordpressをサーバーにインストールします。

(独自ドメイン:サイトに個別に指定できるURLのこと)

 

Wordpressのメリットはとにかく色んなことができることです。

デザインも自由にできますし、音楽をサイトで再生できるようにカスタマイズすることもできますよ!

関連記事:Wordpressサイトで音楽をダウンロード&ストリーミング配信する方法

 

対して、Wordpressのデメリットは運用に知識や技術が必要になるところ。

「レンタルサーバー?独自ドメイン?なにそれ美味しいの?」っというレベルの人にはちょっと難しいかもしれません(笑)

 

ですが、ドメインキングもエックスサーバーもWordpressの「簡単インストール機能」がありますので、意外と導入は簡単です。

また、Wordpressは世界最大のCMS。

困ったときにGoogleで調べると答えがのっています。

 

操作につまずいても昨今はあきらめる必要はありません。

ココナラクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトで安価にアドバイスをくれたり、作業そのものを代行してくれる人もいるんですよ。

 

とは言え…。

調べたり、技術を習得する時間が惜しい!というのもミュージシャンの本音だと思います。

メンバーにネットに強い人間がいれば導入しても大丈夫だと思いますが、少し調べて難しそうだなと感じたら、以下のレンタルサービスを使いましょう。

 

ホームページが作れるレンタルサービス3選

無料から本格的な有料まで、簡単にホームページを構築できるサービスもありますので紹介します。

 

①ホームページから音楽配信まで!"全部入り"のWix

f:id:sohhoshikawa:20171105195840p:plain

 

Wixは世界でも人気の高いホームページ作成サービスです。

デザイン性の高いホームページが簡単な操作で作れます。

 

それだけでなくWixでは、

  • メールマガジン
  • ブログ
  • 音楽配信
  • ネット通販

などの機能を一元的に導入することができるんです。

Wix一つですぐにウェブマーケティングがスタートできるまさに"全部入り"のサービスですね。

関連記事:Wixでブログ機能が強化!バンドマンブロガー的にもおすすめ

 

デメリットとしては操作感が少し重いこと。

ページの読み込みが遅く感じますね。

 

無料から導入できますが、Apple MusicやSpotifyへの音楽配信をプラスするには有料プランに加入する必要があります。

f:id:sohhoshikawa:20171105201424p:plain

 

独自ドメイン代、サーバー代、音楽配信代を含めると、この価格帯は決して高すぎないと思います。

高機能プラス簡単、を求めるなら現実的な選択肢になりますね。

 

無料ホームページ作成 | Wix.com

 

②月額¥500でアーティストホームページがつくれるlivoon

f:id:sohhoshikawa:20171105202555p:plain

 

livoonでは月額500円でアーティスト向けのホームページが簡単に作れます。

必要十分の機能で即サイトを立ち上げることができるのが魅力です。

 

ただ、サイトで配信できる曲数は3曲まで、追加できるページは10ページまでと多少中途半端なスペックです。

使うならlivoonだけでなく、他のサービスでもっとコンテンツを増強したいところですね。

 

とにかくサクっと作りたい人におすすめできます。

 

ミュージシャンホームページ作成サービス livoon(ライヴーン)

 

③無料からホームページをつくれるjimdo

f:id:sohhoshikawa:20171105210112p:plain

 

jimdoは日本版wixといった感じのサービスで、こちらも簡単にホームページが作れるサービスです。

無料からも作れるのですが、広告が表示されたりとアーティストのホームページとしてはちょっとカッコ悪いのでやはり有料プランをおすすめします。

 

音楽配信機能はありませんから、YouTubeを埋め込むなど外部から機能を調達したいところ。

 

料金は以下の通りです。

f:id:sohhoshikawa:20171105210718p:plain

 

wixはイスラエルの会社が運営していることもあり、サポートのレスポンスにいささか不安がある人もいるかもしれません。

そんな人にはjimdoがおすすめです!

 

ホームページ作成サービス - Jimdo

 

 

ホームページは作っただけではダメ!アクセスを積極的に増やそう!

「よ~し!でき上がった~!」と作って満足してはダメです!

 

ホームページはできてからスタート。

せっかく魅力的なページができたなら、積極的にアクセスを増やす方法を考えましょう。

 

ホームページのアクセスが増える=ファンが増える

 

と考えて差し支えないと思います。

ホームページのアクセスを増やす方法はいくつか考えれれますが、

  • ブログ
  • SNS
  • YouTube

の3つがミュージシャンの活動の中では考えられます。

 

それぞれ、

という記事で解説していますのでぜひ、読んでみて下さい!

 

以上「ロックバンド/ミュージシャンの音楽ホームページの作り方」でした!

参考になったらうれしいです。

 

 

それでは!

 

 

ところで俺、間違ってねぇよな?