読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

バンド/ミュージシャン向け音楽ホームページの作り方&便利なサービス

バン活!(バンド飯) バン活!(バンド飯)-ライブ集客

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

今日はホームページについて、です。

 

重要度を増すホームページの存在

バンドによっては公式ホームページを持っておらず、ソーシャルメディアで代用している方もいるでしょう。

しかし、SNSの時代だからこそ、ホームページはさらに重要度を増しています。

 

ホームページは情報があふれるweb上の羅針盤です。

 

ホームページを閲覧すればYouTubeなどの動画、試聴音源、使っているSNS、ECサイトなどをまとめて知れるようにします。

それは散らばった情報を集約する機能と言えます。

 

You tubeから来てくれた人をTwitterへ。

Twitterからきてくれた人をECサイトへ。

 

など情報を橋渡しする能力としてホームページが必要です。

また、バンドの世界観とストーリーをわかりやすく提示することにより新規来客の方にファンになってもらうという重要な役割もあります。

具体的に必要なコンテンツをまとめると

・     LIVE ライブ情報

・     BIOGRAPHY バンドのストーリーと世界観の提示

・     SOCIAL 各ソーシャルメディアへのリンク

・  FUNCLUB これまで説明してきたメルマガかnoteへのリンク

・     SHOP ECサイトへのリンク

 

などがあると良いでしょう。

 

ホームページのつくり方

方法は2つあります。

 

まず、自分でサーバーを借りて、wordpressなどのCMSをインストールする方法。

 

あとは有料にせよ、無料にせよホームページの作成サービスを使うことです。

 

サーバーを借りてWordpressを導入する方法

Wordpresとは複雑なプログラミング言語知らなくてもサイトを構築、運営できるように考えられたソフトです。

それらはCMSと呼ばれています。

まずはサーバーを借りる必要があります。

オススメは安価なところでドメインキング

安定度だとwpXレンタルサーバーです。

最初はそれほど急激に大量のアクセスを集めることはないでしょうからドメインキングがよいと思います。

両方のサービスともWordpressの「簡単インストール機能」がありますので導入は意外と簡単です。

また、Wordpressは世界最大のCMS。

検索すればいたるところに操作方法が載ってますので、あまり運用に困ることもありません。

また、操作につまずいても昨今はあきらめる必要もありません。

ココナラクラウドワークスといったサイトで安価にアドバイスをくれたり、作業そのものを代行してくれる人もいますので安心です。

 

オススメホームページ作成サービス

それでも「難しそう!」という人のために音楽に特化したホームページ作成サービスをまとめておきます。

無料サービス

Jimdo

無料からビジネスに積極利用できるプランまであります。

目的に合わせて段階的に無料からさらに多機能な有料にアップグレードできますので、こちらから始めるのも手。

安価なサービス

livoon

月額¥525~の安価なサービスながらデザインに優れています。

SNSとの連携。

楽曲の試聴、販売など必要最低限の機能がコンパクトにまとまっています。

本格的な有料サービス

アーティストステーション

必要な機能が網羅的に用意されています。(EC機能はありません。)

楽曲のフリーダウンロード&メルマガ登録の機能を標準装備。

そしてそれに特化したデザインを持ちます。

WIXミュージック

ホームページ作成サービスでは世界大手のWIXからアーティストの音楽活動に特化したWIXミュージックと言うサービスが始まりました。

WIXミュージックでは音楽の配信はもちろん、自社ウェブショップの作成やニュースレターの配信など一通りのマーケティングツールが一元的に使えます。

 

無料プランから有料プランまであります。

音源を配信しないのであれば無料でも十分使えますよ。

くわしくはこちらの記事にレポートしていますのでご覧ください。

ホームページ作成サービスWixのミュージシャン向け音楽配信ツールを試してみた

 

※包括的に音楽サービスが使えるBIG UP

ホームページだけでなく、音楽配信やウェブショップまで網羅的に使えるサービスが登場しました。

BIG UP!というエイベックスが主体となって提供しているサービスです。

詳しくはこちら。

関連記事:音楽サービスが全部入り!?エイベックス提供の「BIG UP!」の効果的な使い方を考えてみた

 

 

 

SEO対策は必要?

最後にSEO対策について考えておきます。

検索エンジンからの流入を積極的に活用する施策を「SEO対策」と言います。

しかし、「Googleのペンギンアップデート」などにより検索のアルゴリズムに変更があり、素人には尚いっそう難しい世界になっています。

バンドマンが独自でSEO対策を研究、実行することはあまりオススメしません。

あまりにも専門的な知識を必要とする難しい世界だからです。

SEO対策を業者様にお願いするにしても様々な規模、費用がありますので使う場合は慎重に検討しましょう。

 

ほとんどの場合、必要ないと思います。

 

それではホームページについては以上です。

自分のスキル、かけれる労力、コストなどを考えて最適なものを選んでください。

 

明日からはYouTubeについて。

YouTubeについては最重要項目とっていい部分なのでくわしく説明していきます。

soh.hateblo.jp

それでは、また!

 

以上、バンドマンがお送りしました!

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com

www.shellbys.com