バン活!~バンドマンのための音楽活動サイト~

バンド活動のお悩み解決!音楽でメシを食うための方法。

 

ファンクラブの作り方!ミュージシャンの音楽活動で使える作成サービスまとめ

スポンサーリンク

 どうも、星川(Soh_RundabanSP)です。

 

音楽活動をされているアーティストの方で、

 

「自分のファンクラブが欲しい!」

 

と、思ったことはありませんか?

ロックバンドやアーティストの運営を考えたとき、近年はファンクラブの重要度が高くなってきました

 

やはりCDが売れない時代。

ファンと密接な関係をつくることが重要なんですね。

 

ファンクラブと言うと、アマチュア~インディーズのミュージシャンには設立が難しそうなイメージがあります。

しかし、昨今では安価なサービスで誰でもファンクラブのようなコミュニティをつくることができるんですよ!

 

ここではインディーズで音楽活動をしているミュージシャンや、同人活動をしている作曲家の方などが自分のファンクラブ的コミュニティをつくれるサービスをご紹介していきます!

 

会費無料のファンクラブが作れるサービス2選

まずは会費を必要としないファンクラブです。

ファンにとっては最も気軽に参加できるのがこのタイプとなります。

 

逆に言うと、アーティストにとってはこれだけでマネタイズするのが難しいのが以下のサービスです。

 

①メルマガ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sohhoshikawa/20171111/20171111091731.png

ファンクラブのようなクローズドなコミュニティを作れるサービスとして代表的なのがメルマガです。

メルマガを発行できるメルマガ配信スタンドは数々ありますが、個人的におすすめできるのはMail Chimp、める配くん、まぐまぐの3つです。

 

それぞれ無料から使え、

  • Mail chimp⇒12000通まで無料で高機能だが英語のサービス
  • める配くん⇒500通まで無料で高機能
  • まぐまぐ⇒無料でがシンプル機能

という特徴があります。

 

メールの利用者は世の中的に減ってきていますが、HTMLメールの表現力やステップメールの便利さなど古くからある分、マーケティング手法は確立されていますよね。

各おすすめメルマガスタンドの特徴は以下の記事にもまとめてあります。

⇒ミュージシャンの音楽活動におすすめのメルマガ配信サービス。読者を増やして開封率を上げるコツは?

 

②LINE@

f:id:sohhoshikawa:20171110090324p:plain

 メールの利用者が減っていて何が増えているかというとLINEですよね。

LINE@はLINE版メルマガと言えるサービスです。

 

メルマガのようにフォロワー(読者)に一斉送信できるほか、通常のLINEように1対1でメッセージをやり取りすることができます。

そのためファンの方と距離を縮めやすいのが特徴ですね。

2000メッセージまで無料で使うことができます。

 

LINE@の詳しい説明はこちらの記事をどうぞ!

⇒LINEで宣伝!LINE@の使い方とミュージシャンの音楽活動での活用法

 

会費が無料or有料を選べるサービス3選

続いてサービス内で無料コンテンツと有料コンテンツを選んで公開できるサービスをご紹介します。

まずは無料ではじめて、ファンが増えてきたら有料というフレキシブルな使い方ができますね。

①note

f:id:sohhoshikawa:20171111222405p:plain

noteは「コンテンツを販売できるSNS」といった感じのサービスです。

フォロー機能があり、フォロワーにむけて無料コンテンツか有料コンテンツを選んで販売できます。

もちろん音源も配信・販売できますよ。

 

「マガジン」という機能があり、コンテンツをひとまとめに連載することもできます。

月額課金型のマガジンを作ることができ、まさにファンクラブのような使い方ができますね。

 

利用は全て無料でランニングコストはかかりません。

コンテンツが売れた際に手数料が15%~20%かかる仕組みです。

 

noteについてはこちらの記事もぜひご覧ください。

noteを音楽活動で活用する方法!楽曲のダウロード販売もできます

 

②Frekul

f:id:sohhoshikawa:20171111094154p:plain

Frekulは音楽アーティスト向けのサービスで、メルマガを発行できる他、音楽ストア配信やカラオケ配信など様々なサービスが一元的に管理・運営できるサービスです。

 

メルマガは無料なのですが、それとは別に有料の「プレミアムサポーター」というファンクラブコミュニティを作ることができます。

  • メルマガ⇒無料のファンクラブ
  • プレミアムサポーター⇒有料のファンクラブ

と段階的な活動がデフォルトでデザインされているのが便利なポイントです。

 

こちらもランニングコストは不要で一部の有料サービスを使うときに費用が必要になる他、売り上げがあった時のみに手数料が発生する仕組みです。

Frekul(フリクル) - 音楽活動支援サービス

 

③ブロマガ

f:id:sohhoshikawa:20171111100129p:plain

ブロマガはブログとメールマガジンを同時につくれるサービスで、記事ごとに有料にしたり、月額課金型メルマガを作ったりできます。

課金方法がニコ動ユーザーに最適化されており、ニコニコ動画を主軸に活躍する同人作曲家の方にはうってつけのファンクラブ機能ですね。

 

有料で記事を販売するためには自信もニコニコ動画プレミアム会員(月額500円)に加入する必要があります。

ブログとメールマガジンがひとつになった「書くニコニコ」

 

有料のファンクラブが作れるサービス

最後に会費が有料のファンクラブを作れるサービスをご紹介します!

もっとも本格的なファンクラブ作成サービスと言えるでしょう。

①CAMPFIREファンクラブ

f:id:sohhoshikawa:20171111220815j:plain

クリエイターが創作資金を募れるクラウドファンディングのCAMPFIREからファンクラブ形態のサービスがリリースされています。

 

その名も「CAMPFIREファンクラブ」は、月額500円から会費を設定してファンクラブを設立することができるサービスです。

会費無料のファンクラブを作ることはできませんが、誰でも観覧可能な無料コンテンツを発信することも可能です。

 

ファンクラブの設立に初期費用や月額費用は掛かりません。

集まった会費から10%の手数料が差し引かれるだけです。

 

同じファンクラブ内でも500円のプラン、1000円のプラン、3000円のプランなどと複数の料金形態のプランを作ることも可能です。

本格的なファンクラブサービスながら、安い手数料が魅力のサービスですね。

誰でもかんたんに無料で開設! CAMPFIREファンクラブ

 

まずは無料のファンクラブがおすすめ!

以上、6つの選択肢をご紹介しました!

 

どれを使うべきかはそれぞれの音楽活動に違うわけですが、まずは無料のファンクラブから作ってみるのをおすすめします。

 

あなたのバンドがライブ集客に失敗する理由とその改善方法」で紹介したこの図を思い出してみて下さい。

 

f:id:sohhoshikawa:20171111223853j:plain

まだ見ぬ人=潜在顧客にアプローチするためのツールがSNSやブログでした。

そして一度でも音楽を聴いてくれた準見込み客へ向けたツールがホームページとYouTube。

 

ではファンクラブは?と言うと、この図だと無料のファンクラブは見込み客むけ、有料のファンクラブは顧客向けということになります。

f:id:sohhoshikawa:20171111224659j:plain

まずは有料のファンクラブを作る前に無料のファンクラブを作ってみてほしいんですね。

もちろん「有料のファンクラブは作っちゃダメ!」というわけではありません。

ただ、音楽活動が失敗しやすいのはこのピラミッドを丁寧に作れていない時なんです。

 

何度かあなたやあなたの音楽を体験してくれた見込み客と繋がる無料のファンクラブの充実が、有料のファンクラブの成功には欠かせません。

 

例えば、Frekulなんかはメルマガは見込み客むけ、プレミアムサポーターは顧客向けとあらかじめデザインされていてわかりやすいですよね。

f:id:sohhoshikawa:20171111225830j:plain

このようにしっかり段階を踏んで活動をデザインしてみて下さい。

 

ファンクラブでは配信するコンテンツは限定・希少・優先

ではファンクラブが出来上がった後でどんなコンテンツを配信したら良いのでしょうか?

それは限定的で希少性があり、ファンクラブ会員が優先的に受け取れるコンテンツです。

小難しいですね(笑)

 

要はこういうことです。

  • 限定⇒数に限りがある。(100人限定ライブ)
  • 希少⇒ここでしか手に入らない。(YouTubeでは聞けないレアスタジオ音源)
  • 優先⇒どこよりも早く。(リリース情報はSNSより先にお知らせ)

これを意識することにより、ファンはよりファンクラブ会員になるインセンティブ(動機付け)が強まります。

 

また「距離感」も大切です。

特にLINEのようなプレイべートツールの場合、親近感を抱きやすいです。

普段アーティストとして近寄りがたい雰囲気がある人もファンクラブではちょっと人間味のある投稿をしてみても良いかもしれません。

(もちろんキャラクターしだいですが)

 

少なくとも、あなたのことをもっと知りたいと思ってファンクラブに参加してくれています。

サービス精神をもってコンテンツを作っていきたいところですよね。

 

 

以上が「ファンクラブの作り方!ミュージシャンの音楽活動で使える作成サービスまとめ」でした!

参考になったらうれしいです。

ぜひあなたの音楽活動のピッタリのファンクラブを作ってみて下さい!

 

【余談】バンドのオリジナル公式アプリはおすすめできない

6つの選択肢には含めませんでしたが、実はバンドのオリジナルスマホアプリをつくるというアイディアもあります。

スマホの中に常にバンドのアプリがあったら、ファンもバンドを身近に感じられ宣伝効果がありそうですよね…?

 

しかし!

 

これがなかなかハードルが高かいんですよ。

 

こんな調査があります。

マーケティングリサーチ会社の株式会社マーシュは、20~69歳の男女を対象とした「スマートフォンアプリに関するアンケート調査」を実施し、その結果を3月27日に公開しました。

調査日は2017年2月9日~2月13日で、同社が運営する「D STYLE WEB」のアンケートモニター会員を対象に実施しました。

 

結果、「スマートフォンに入っている自身でダウンロードしたアプリ数は、「4~6」が最も高い」ということが明らかになっています。

こちらがデータです。

f:id:sohhoshikawa:20170329094534j:plain

  • 1~3・・・13.3%
  • 4~6・・・18.5%
  • 7~9・・・12.2%
  • 10~14・・・17.9%
  • 15~19・・・7.8%
  • 20~24・・・7.5%
  • 25~29・・・2.8%
  • 30以上・・・11.0%
  • 「自分でダウンロードしたアプリ」は入っていない・・・9.0%

 

さらに読み解くと44%の人が9コ以下となります。

仮に10コ以下とすれば50%近くになりそうですねぇ…。

バンドで公式アプリをつくったら、まずこの「9の牙城」を崩さなければなりません。

ゲームや乗換案内、メモ、クラウドストレージなどは誰もがダウンロードするところです。

実際、エンタメ系アプリをダウンロードする「枠」はもっと少ないと思って良いでしょう。

 

また、IT系の会社に勤めている友人に聞いた話ですが、人が日常的に使うアプリはだいたい9コだそうです。

(出典不明で申し訳ない!)

9コと言っても、LINE、Google、YouTube、Instagram、Facebook、twitter、Amazonなど定番アプリを挙げていっただけでも8コになります。

やはり、ユーザーの定番アプリになるにはかなり熾烈な競争をかつ抜く必要がありそうですね。

 

以上の情報から読み解くと、日常的にバンドの公式アプリは作っても、ダウンロードしてもらうのも、使ってもらうのもかなり難しいという現状がわかると思います。

 

その上でスマホアプリ作成サービスは、ぼくの調べたところでは、なかなかランニングコストがかかるんですよね…。

ライバルの大里コスパを考えても、なかなか効果的にはならないんじゃないか?

と、いうのがぼくの現時点での結論です。

 

そんなわけで、ファンクラブは上記で紹介した6つの中から選んでみて下さい!

 

 

 

それでは!

 

 

ところで俺、間違ってねぇよな?