読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

「1人じゃないよ」と言ってくれる本にはなかなか会えない 早川義夫さんの『生きがいは愛しあうことだけ』

趣味-おすすめ本

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

「1人じゃないよ」なんて言葉は本文には一切のっていないんですが。

そんな風に慰められる気持ちになれる本に出会うのは本当に珍しい。

 

 『生きがいは愛しあうことだけ』

生きがいは愛しあうことだけ (ちくま文庫)

新品価格
¥799から
(2015/1/8 21:40時点)

下北沢のヴィレッジバンガードで発見。斉藤和義さんが帯コメントを書いています。

読みやすい哲学書。名言の湖。

ヤル気が出ました!

 敬愛するミュージシャンの言葉と本のタイトルに魅せられて購入。

(「ヤル気」の「ヤル」がカタカナなのに深い意味はあるのか?)

亡くなられた音楽プロデューサーの佐久間正英さんとの間柄を語った部分がまず、否応なく胸に迫ってくる。

友達

音楽

恋愛

早川さんは好きなものに自分なりにマジメに取り組んでいるだけなんだと思った。

ただ、それだけなのに美しさを感じた。

痛々しく、情けなくてもそれでいいように思えた。

そして、失礼ながら早川さんに親近感を覚えました。

 

THE BLUE HERTSの楽曲に「ながれもの」という曲があります。

愛することだけ考えて それでも誰かを傷つける

そんなあなたが大好きだ そんな友達が欲しかった

今の気分、まさにそんな感じ。

早川さんは本を通して僕の親友になってくれた。

そして、こうやさしく語るのです。

「1人じゃないよ」と。

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com