読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

結局、美味しいコーヒーの入れかたは何?ドリップをおすすめる理由

趣味 趣味-コーヒー

おすすめ記事セレクション


スポンサーリンク

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

コーヒーってとっても奥深いです・・・。

だからこそハマるのですがその奥深さに最近、驚嘆しています。

 

コーヒー好きのみなさん!コーヒーはどうやって淹れてますか?

 

今日はどの抽出方法が一番美味しいか考えてみます

あまり、ご存知でない方のために主な抽出方法を整理してみますね。

 

コーヒーの主な抽出法一覧

①ドリップ

ドリップはドリッパーに挽いた豆をセットし、上から湯を注いでコーヒー液を濾す抽出方法です。ドリップも紙を使ったペーパードリップと、布を使ったネルドリップに分かれます。

僕が自宅で使っているのがこれ↓

 

家庭では手入れが難しいので、あまり適しませんが本格的なネルもあります↓

②フレンチプレス

フレンチプレスは筒状の容器にコーヒー豆を入れて、お湯を注ぎます。

数分放置した後に金属のフィルターで濾すというシンプルな抽出方法。

 

僕はこれの「緑」使ってます。デザイン優秀!↓

③エスプレッソ

エスプレッソは専用のエスプレッソマシンによって高速で抽出します。

極細に挽いた豆圧力をかけ、蒸気を吹き付けることで抽出されます。

 

エスプレッソマシンで抽出されたコーヒーをさしてあえてコーヒーでなく、エスプレッソと呼びますね。

高価なイメージのエスプレッソマシンですが、家庭用でこんなのもあるみたい↓

「やっぱコーヒーはドリップが上手い!」になるまでの過程

僕はドリップ⇒フレンチプレス⇒エスプレッソ⇒ドリップと好みが変わってきてます。

最初は・・・

コーヒーが好きになりだした頃はドリップから入りました。

まず、缶コーヒーとかと違って焙煎して間もない豆をその場で挽いて飲むだけで感動がありますよね。

 

その後、サードウェーブコーヒーという文化に出会います。

 

フレンチプレスが好きな頃

サードウェーブでは比較的フレンチプレスが推奨されています。

金属のフィルターというところがポイントで紙や布と違ってコーヒーの味に重要な油分を濾しとらないからです。

 

もっぱらフレンチプレスでシングルオリジンの豆の違いを味わうのにハマっていました。

 

エスプレッソが好きな頃

「コーヒーとエスプレッソは別物!」というくらいエスプレッソにすると味わいが変わります。

その個性にハマッてました。

 

エスプレッソというと、とにかく濃い!と思われると思うのですが、オススメの飲み方がエスプレッソのお湯割り「アメリカーノ」という飲み方です。

これでも十分エスプレッソの香ばしさがわかるので、エスプレッソのストレートが苦手!という方は是非。

 

そして、再びドリップ

で、また最近ドリップブームです(笑)

それはコーヒーの”温度”が気になりだしたからです。

フレンチプレスでは中粗挽きの豆を98℃くらいで抽出します。そして、フレンチプレス本体やカップを事前に暖めておくことが推奨されています。

 

しかし、それでは飲むときに熱すぎると感じています。

 

ちょうど、香りが開いて味がわかるのはもう少し低い温度だと思うのです。

適温になるまで待てば良いのですが、わざわざ「冷ます」という肯定が必要なのか疑問です。間を置けば置くほど酸化は進みますし・・・・。

ならば、最初から80℃前後の温度で丁寧にドリップしてすぐに飲んだほうが良いのではないか?

そういう結論に至ったわけです。

事実、技術のある人の入れたドリップコーヒーはうまい!!

 

と、いうわけで・・・。

現在の結論はドリップです。

といってもまた変わるでしょう(笑)

また、サイフォンで淹れるコーヒーは考察できてないので今後飲みに行きたいな~と思います。

 

みなさんのお好みはどれですか?

 

おすすめ関連書籍

コーヒーのことが体系的にまとめてあるのでおすすめです。

もちろん抽出方法も!

なんだかんだ10冊くらいコーヒー本を読みましたが、一番わかりやすかったです。

堀口コーヒーのオーナー堀口俊英さんの著書ですよ!

 

 

 

それでは!

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com