読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

 

【評判口コミ】ダウンタウン松本人志の『DOCUMENTAL』(ドキュメンタル)がおもしろい!見どころを素人解説します

趣味 趣味-お笑い・バラエティ

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

いやぁ、やっぱまっちゃんおもしろいなぁ。

みなさんもう見ましたか?

 

 

まっちゃんがネットに登場!『DOCUMENTAL』とは?

 

”あの”松本人志がAmazonプライムビデオにてオリジナル番組をスタートさせました!

その名も『DOCUMENTAL』

公式サイト:HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル

 

 

タイトルは「ドキュメンタリー」と「メンタル」を掛け合わせた造語だそうです。

ルールは簡単。

  • 参加者は10人
  • 個室の中で過ごし、笑わずにいた最後の1人が優勝
  • 1人100万円もちより、優勝者が1000万円そうどり!

タイトルそのまま、いっさい自由のドキュメントであり、メンタルが重要な心理戦でとてもおもしろく見れました。

 

まっちゃんは番組のなかで

テレビだったら間違いなく視聴率は低いでしょうね。

かなり入り込んで見なければ、おもしろさは伝わらないと思うので。

 と言っていました。

逆にそういうコンテンツが日の目をみる現代っていいなぁなんて思いますが。

 

でも「入り込む」っていうのも1つの技術だと思うんですね。

そこで、ぼくは芸人でもなんでもないのですが「こう見るとおもしろいよ!」というポイントを素人解説したいと思います。

 

プロの芸人さんがこういった無法地帯と言える設定で、どのような戦略と心理戦を仕掛けるかが見ものですね~。

 

笑いは「緊張と緩和」

まず同じような設定の中で自分が放り込まれたら、あなたはどうしますか?

「笑ってはいけない」と言われると、人間余計に笑ってしまうモノです。

 

だからおそらく、極力喋らないようにしますよね?

 

ココに矛盾があって、黙り続けると場の緊張感が高まって笑いが起きるハードルが下がってしまうんです。

簡単な例で言えば、テスト中におならがなったら絶対笑いますよね?(笑)

 

しかし、積極的にボケだしたらもちろん場が盛り上がってしまって、これまた笑いが起きてしまう。

このジレンマをどう乗り越えるか?

というのがプレイヤーに課せられた問題です。

 

「将棋で最強の陣形はスタートの配置」なんて話きいたことないですか?

それに似ていて、10人が黙っていれば、笑いは起きず安全。

でもリスクをもって攻めなければ勝てない。

 

10人の中にはそれぞれ「笑いのツボ」があり、相性があるのでまずは「誰を脱落させるか?」という戦略になると思います。

その過程でプレイヤー同士が結託したり、裏切ったりということが起きるでしょう。

 

また100万円もちよりというルールにより、プレイヤーはリスクを背負っているので、さらに緊張感が増してかなりガチの戦略が展開されるのではないでしょうか?

 

『笑いは「緊張と緩和」』というのは、何を隠そう松本人志その人の言葉です。

誰が、どのように、緊張を緩和させるか?

そこがまず見どころの一つになります。

 

笑いは「裏切り」

『笑いは「裏切り」』というのもこれまた、松本人志さんの言葉です。

見る側の期待を上手に裏切ることで、笑いが起きる。

 

プレイヤーは様々な個性をもった芸人さんがそろっています。

  • ベタなボケを得意とする人
  • シュールなボケが信条の人
  • デカい声で派手なツッコミをする人
  • ボソっと小さく突っ込む人
  • 天然の人

プロ芸人同士の笑わせ合いですから、そのキャラクターをいかに裏切っていくかで笑いを起こす上で重要になりそうです。

 

でもこれまた難しくて「コイツ裏切ってくるぞ…」とバレている状態では、それはもはや裏切りではないんですよね。

だからただ単にシュールなことをすれば良い、というわけではない。

裏の裏は表。

ベタなことが大爆笑につながる瞬間もあるのです。

 

上手に裏切るためにはとにかく「空気を読む」ことが必要です。

見てる側もその空気を考えながらみると、尚いっそうおもしろいですよ!

 

ポイントはフジモンか!?

で、以上を考えるとポイントはフジモンさんだと思います。

ぼくは個人的に「笑いはボケた瞬間じゃなくて、ツッコんだ瞬間におきる」と思ってます。

フジモンさんは普段のバラエティでも声が大きいガヤと、手数の多いツッコミで場を盛り上げます。

「緊張と緩和」で言えば、完全に緩和側。

 

そもそも緊張感の高いルール設定です。

なので自爆する可能性も相当高いですが、逆に独壇場になる可能性もあるのではないか!?と思います。

事実、今回のDOCUMENTALでは一番積極的に声を出していましたよね。

 

次回以降が見ものです。

 

DOCUMENTALを見るには?

そんなわけで『DOCUMNTAL』は見る側も思考を巡らせるとっても楽しい番組です。

 

DOCUMENTALを見るにはAmaoznプライム会員になる必要があります。

「会員登録とか、だりぃ!!」

と、いう人でも大丈夫。

手続きは非常に簡単で、すでにAmazonで買い物したことがある人なら一瞬です。

またプライムビデオはスマホのアプリでも見れますので、すぐにドキュメンタルを見始めることができますよ。

 

プライム会員はネットサービスの中でもピカイチお得なサービスですので、この機会に登録してみてください。

音楽聞き放題のPrime Musicや、電子書籍が一冊タダになるKindleオーナーズライブラリーなどもコミコミの料金で楽しめます。

関連記事:Amazonプライム会員がお得すぎ!10コのメリットが1日約10円!

 

 

年会費は3900円

(つまり月330円!)

無料期間も30日間あります。

無料期間中に解約すればお金はかかりませんよ。

 

そして、なんと!

 

「ドキュメンタル」大ヒット記念ということで、初年の年会費が2900円になる信じられない激安キャンペーンをやっております!

f:id:sohhoshikawa:20161203084318j:plain

12/4までのプライム会員に登録する必要がありますので、マジで早めにどうぞ!

お笑い好きだったら

  • M-1グランプリ
  • 有田と週間プロレスと
  • 内村さまぁ~ず

など気になるコンテンツもたくさんありますので、ホントお得です。

Amazonプライム会員(30日間無料)の登録はこちら

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?