読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺、まちがってねぇよな?

バンドマン情報メディア!もっと充実したバンド活動のために

600日ブログを更新し続けた、ぼくのブログネタの探し方

ブログのこと ブログのこと-アクセスアップ

どうも、星川(@Soh_RundabanSP)です。

 

今はもう止めちゃったんですけど、このブログは開設以来600日間、毎日更新し続けました。

記事数にして950です。

(現在はリライトによって870記事ほどに減っています)

 

自分でもここまで継続した事柄は初めてなのでびっくりなんですが、ふと「そういえばどうやってネタ探してたんだっけ?」と考えていたら、おもしろかったのでその方法を共有します。

 

「ネタがねぇ~!」

 

と悩んでいるブロガーのみなさんは参考にしてみてください。

 

まずは「マイキーワード」を持とう!

まず大切なのはやみくもにネタを探すより、自分ならではの「切り口」を探すのが先決です。

逆に切り口さえ見つかればネタなんて無限にあります。

 

例えばこのブログ「俺、まちがってねぇよな?」の場合。

メインのテーマが

  • 音楽
  • バンド(マン)

だったりします。

そして個人的な興味として

  • コーヒー
  • 読書

なんかもあります。

 

これらのキーワードを便宜的に「マイキーワード」としましょう。

このマイキーワードをネタ元を掛け合わせることで、ネタを創出していくわけです。

 

では具体的な方法を説明します。

 

マイキーワード×検索ワード

一番簡単でアクセスアップに効果があるのが「マイキーワードと検索ワード」の掛け合わせでネタを探すことです。

やり方は簡単でグーグルキーワードプランナーを使いましょう。

Googleアカウントがあれば無料でログインできます。

 

「宣伝する商品やサービス」のところにマイキーワードを入力します。

キーワードプランナーの使い方

「キーワードオプション」の「入力した語句を含む候補のみを表示」と「アカウントのキーワードを表示」をオンにします。

 

キーワードプランナーの使い方2

「候補を取得」をおすとズラッと、マイキーワードの類義ワードや関連ワードが出てきます。

キーワードプランナーの使い方3

ここから「何か書けそうなテーマないかな~?」と考えるわけです。

 

「音楽 大学 ランキング」とか良いですね。

「就職率の高い音大ランキングトップ10」とかアクセス稼げそう。

いや、書けるかどうかは別にして(笑)

 

初心者はここからネタの着想を得てどんどん書いていくのをおすすめします。

っというのもグーグルキーワードプランナーで示される検索ワードは実際に検索されている単語なわけです。

なのでうまくいけば長期的にアクセスを稼いでくれる記事になります。

 

もちろん検索結果の上位に行かなければいけないのですが、個人的には「このぐらいの質の記事だと上位に行かないのか~。」という経験も大事だと思うので。

 

このやり方は「基本にして奥義」みたいな部分があるので、語りだすととまりません(笑)

頭でっかちに他人のやり方ばかり学ぶより、やっぱり自分で記事を書き、アクセスを解析して実感を伴った学びをしていくのが大事だと思いますよ。

 

 

マイキーワード×トレンドワード

検索ワードを利用すると長期的にアクセスが生まれますが、短期的にアクセスをのばしたいなら「マイキーワード×トレンドワード」でネタを探すのが良いです。

 

今だったらやっぱり「PokemonGO!」ですよねぇ(笑)

 

これほどのトレンドワードは他に類を見ないですね。

PokemonGO!の記事を書けば大量にアクセスを集められますが、その他のブログはアクセスがいつもより下がっているというハンパじゃない影響力が見られます。

 

うまくトレンドの波にのるにはやはりマイキーワードの活用が必要です。

と、いうのも一過性の大量アクセス(バズ)は大切なんですが、もっと大切なのはその中から如何にリピーターを生むか、です。

ブログのキャラクター、専門性がちゃんとしているとリピーターは増えます。

なのでトレンドワードとマイキーワードを掛け合わせてネタをつくるのが良いと思います。

 

超良い例がこちら。

 

ポケモンGOを子どもがやりたいと言い出したら親が知っておくべき10の事

 

ママブロガー、まなしばさんの「ままはっく」の記事です。

ままはっくのマイキーワードは「子育て」や「妊娠出産」と言ったところでしょうか。

トレンドにしっかり乗りながらも、ブログのテーマからずれていない。

さすが!(トレンドに)なみのりまなしば!

 

まぁ、「PokemonGO!の遊び方」みたいな記事を書いても良いとは思うのですが、ライバルも多いですからね。

このブームの中でより多くの実りを得るのはマイキーワードを活用すべきです。

「音楽×PokemonGO!」だったら「PokemonGO!の音楽について調べてみた」とかかなぁ…。(安易すぎる?)

 

トレンドワードはGoogle トレンドなどで簡単に調べられます。

他にもテレビ、雑誌から着想をえられるでしょう。

アンテナを張っていればネタ元を見つけるのはそんなに難しくないですよね。

 

マイキーワード×アフィリエイト案件

これはブログで稼ぎたい!という人におすすめのやり方です。

(アフィリエイトの説明については省きます)

 

各ASPのアフィリエイト案件をあさりながら「なにかマイキーワードと掛け合わせて書けないかな~?」と探すわけです。

最もその商品なりサービスを自ら体験していないとほとんど意味がありません。

 

でも発想としては良いと思うんですよねぇ。

お!?と思ったサービスがあったら自分で体験してみる。

そのレビューを書くのはブログの王道ですから。

自分が使っているサービスのアフィリエイトが既にあったらラッキーですね。

 

別にASPじゃなくてもAmazonアソシエイトを利用すれば「書評」なんかもこの部類に入ってきます。

ぼくの例でいうとコレかな。

 

将来が不安な売れないミュージシャンが大丈夫な理由 

 

これは漫画をバンドマン向けに紹介している内容です。

音楽ブログなら「ヴォーカリストの命!喉をケアするグッズ5選」みたいなのも良いでしょうねぇ。

ゲームブログだったら「ゲーマーにおすすめ!疲れ目に超キク目薬」みたいな感じかな?

こんな感じで収益性の高い記事が2つ、3つ生まれるとブログ全体の収益性もあがります。

 

アフィリエイトありきで記事を作成するのは一定の層から忌み嫌われたりするんですが(笑)けっして悪いことじゃないと思います。

っというのも読者もバカじゃなくて、信憑性が薄い記事からは収益は発生しないんですね。

ぼくの例でいうとコーヒー好きが功をそうした例がコレです。

 

【評判口コミ】「ボス デカフェブラック」を飲んだ感想 

 

実際に買って飲み、コーヒー好きをアピールし、詳しく商品説明できたかなと思います。

結果、公開後ほぼ毎日収益が発生しています。

まぁ、50円くらいですけどね(笑)

 

 

とりあえず王道のASPに登録して、案件を眺めておくと良いですよ。

おすすめASPはこちら。

 

 

まとめ

そんなわけでまずは「マイキーワード」を設定し、あらゆるところからネタ元を探し、マイキーワードと掛け合わせていけば無限にネタをゲットすることができます。

 

参考になったらうれしいです。

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

ところで俺、まちがってねぇよな?

 

 

 

こちらもどうぞ!

www.shellbys.com

www.shellbys.com